山あり谷ありシュナウザーあり

~ ケ セラ セラ でいこう♪ ~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えがちゃんな獣医さん 3

この先生ってツワモノだなぁ…
最初にえがちゃん先生を見た時は、
とても申し訳ないんだけど、
『ちょっとキモイ』『アヤシイ』
と思ってしまったけれど(先生ごめんね)
なりふり構わず動物を愛する先生なんだなーと思えるようになった。

さて 一通りお尻のチェックが終わったら
先生はおもむろに何かを取り出し
その中から手に粉のようなものを付け
同じようにシェリーの背中にも粉のようなものを付け
体中のマッサージを始めた。

いい香りがしてきた。きっとその粉だろう。
犬用のアロマパウダーなんだろうか。。

シュナウザーは体の皮が伸びるので、体中『ぶよんぶよん』にされて
顔なんてパグのようにされている。

でも当の本犬は本当に気持ちいいらしく、
猫背になり目はうつろだ。

 「ここが気持ちいいか?ここも凝ってんだなー。ここはどうだ?そうかそうかぁ」
先生は何やら犬と話し込んでいる。
まるで えがちゃんの顔をしたムツゴロウさんだ。

そうこうしている内に、
シェリーは気持ちよくなって気持ちが緩んだのか?
さっき肛門付近を刺激されたからか
そこでウンチをしてしまった

 「すみません、すみませーん」
と私は平謝り。

待合室から散歩袋を持ってきて拾うかと思ったら
 「気持ち良くて出たんだよなー?」
と言いながら
先生自ら厚いティッシュのような物で拾いあげてくれた。

これを読んでくれた人はもうお解りでしょう?…

先生はそのうんちを拾い上げ、色形を監察し
最後にやっぱり匂いを嗅いだのです

そして
 「うん、いいウンチだ」
と満面のえがちゃんスマイル

えがちゃん先生は、ムツゴロウで赤ひげ先生か?
ここまで来るとアッパレ
もう何も申し上げる事はない。

 「シェリーの事は全てお任せしますので好きにして下さい」
と言いたくなるくらい、
その動物的な行動、しぐさや言葉、動物を見る眼差しが愛に溢れているのだ。

(余談たけど、シェリーは前の獣医さんでも
肛門絞りをしてもらった後にウンチをしてしまった前歴がある。
その時の獣医さんも、色などを見てくれたが流石に匂いは嗅いでなかった。
↑それが普通のような気がするけど…)

結局診察室を出て時計を見たら、20分以上経っていた。

オチが間抜けな話だけど、家は市役所に人間の転入手続きはしたものの
犬の登録を忘れていた。
登録してからじゃないと狂犬病ワクチンは受けられないという事で
その日は初診というか、えがちゃん風健康診断(頼んだワケじゃないんだけど)で終わった。

帰り際にえがちゃんがシェリーの写真をデジカメで2.3枚撮って
専用の小さいプリンタですぐにプリントし
(チェック:道具に凝り性らしい)
 「かわいいねぇー」
と言いながら健康手帳に1枚を貼り残りを渡してくれた。

でもえがちゃん先生は、営業で写真を撮ってくれたワケでも
健康診断稼ぎにやってくれたワケでもない。

あれだけ長い健康診断(?)にも関わらず
その日は初診料だけだったのだ。

ドアベルと徒党達に見送られて
病院を後にして帰る道すがら
徒党から少しでも早く遠ざかろうとするシェリーに引っ張られながらも、
ちょっと変人(先生ごめんなさい)ぽいけど、
近所にいい先生がいて良かったなぁと
心がとても温かかった
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しゅなわん

Author:しゅなわん
主要登場人物
シェリー(M.シュナ♀ 8才)
    犬なのに犬嫌い^^;
    の小心犬
mira  (長女 高1)
hikka  (二女 中2)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

お世話になった先生の本!

ブロとも申請フォーム

マイチェック!ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。