山あり谷ありシュナウザーあり

~ ケ セラ セラ でいこう♪ ~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な感情

今日シェリーの耳毛を抜いてもらいに いつものペットショップに行く途中、
通りがかりにある熱帯魚屋さんに寄った。
水草を買う為だ。

熱帯魚の他にも小動物や犬や猫などいる時があるようだ。

全体的にあまり綺麗ではない店内を進んで行ってみると
黒いシュナウザーがいた。

一瞬「シュナだ~」(^^)と喜んだものの回りこんで正面から見てみると
小さなサークルに入れられていたその黒シュナは
喜んで私の方に必死でピョンピョンと柵越しにしがみ付いてきたけれど
目がどこにあるのか見えない。
これでどれ程の視界があるのだろうか?

よくよく見ると、全体的にベタベタと汚れていて
鼻の上の毛や目の前の毛、まゆげも全てボサボサ伸びたい放題で
目の前をふさいでいたのだ。

何ヶ月もシャンプーもカットもしていないというのが一目瞭然だった。

3月生まれというそのシュナには
「アメリカンチャンピョンの孫」
「特価 3万円」
と値札が付いていたけれど
あんなに汚れていて顔もよく見えないようなシュナを誰か買いたいと思うだろうか?
売りたいというより、売れ残ってしまい困っているというような扱い方に見えた。

私は直視するのが辛くなって水草を探しに熱帯魚の部屋の方へ入った。

その部屋は熱帯魚の部屋だからだろうか?室温が明らかに高かった。

すると奥の方から「いらっしゃいませ」の声と共にお店の人とチョコチョコとシーズーがやってきた。
そのシーズーはさっきの黒シュナとは違い
とても清潔な感じでカットも行き届いておりTシャツを着て自由気ままに室内を歩いていたのだ。

私は何だか呆れてしまった。

あくまでも私の見た目だが 馴れ方からしてシーズーは店員さんか店主かの飼い犬なんだろう。。。
あまりにも隣の部屋の黒シュナと扱いが違い過ぎる。


もう一度シュナの方に戻ってジッと観察してみたが
そのサークルの柵も床もそしてシュナも
あまりにも汚れていて不覚にもジワっと涙が浮かんでしまった。

別にシュナだからというワケではない。
どんな犬種であろうと あんなに衛生状態が良くない中で放ったらかされている犬を見たのは初めてだった。

私は連れて帰りたいという衝動を頑張って抑えた。
ここで子供のように「可哀相だから連れて帰った」
と出来れば何て楽なんだろう。。

とても後ろ髪引かれる思いで後にした。


それにしても人間とは何て勝手な生き物なんだろう。
ペットブームと言われる昨今、
その影で怖ろしい数の犬たちが処分され、そして劣悪な環境に置かれているという話も耳にする。
何だかその一端を見たような気がした。

そしてその目の前の一匹さえもどうしてあげる事も出来ない
現実という生活の中で生きている自分にさえも
憤りと嫌な感情が続いた。
スポンサーサイト

Comment

同感です

最近のペットブームの影で被害を受けているのは犬や猫ちゃん達なんですよね。ネットの里親募集サイトが最近目につきます。劣悪な環境下で育ったワン達を見るとホントに悲しくなってきます。それをただ見るだけの自分にも嫌な感情が…何だか悲しいですね。
  • posted by めいのかあちゃん
  • URL
  • 2007.11/17 09:16分
  • [Edit]

>メイちゃんママ

コメントありがとうございます。言葉で表し様がない感情だったので同感して貰えるとホッとします。
本当に何て無責任な人間が多いんでしょうね?
無責任な人達が普通に暮らしている世の中って 考えてみると結構恐いです。。
  • posted by しゅなわん
  • URL
  • 2007.11/17 21:18分
  • [Edit]

ほんと身勝手だよね 人間サマ

長男が小5の頃から抱いているテーマは「寿命」です
その時の書き出しが

動物には寿命がありそれぞれ長さが違う
ぞうの時間ねずみの時間という本を読んだ
どんな生き物も一生のうちに打つ心臓の鼓動の回数は同じぐらいだったんだ
なのに・・
ペットを見てみよう
同じ犬や猫でありながら長く生きるものもいれば
早く死んでしまうものもいる
なぜなんだろう

まぁそんなわけでヤツは生命科学 環境学の学校へ進む予定でございます
人間ひとりひとりの意識向上はとても難しいよね
生き物がちゃんと生きられるために兄ちゃんが少し頑張ってくれるかもだから・・
コレカラの人間にちょっと期待をしましょ~
  • posted by あすか
  • URL
  • 2007.11/20 01:08分
  • [Edit]

>あすか

おおっお兄ちゃんスゴイぞ!小5でそれを書くとは…
hikkaには逆立ちしも無理かも~^^;
これからのお兄ちゃんに期待大◎だわ♪
本当にね、そうやって真剣に向き合ってる人もいるんだと思うと安心する、反面自分には何が出来るかな?などと考えます。

  • posted by しゅなわん
  • URL
  • 2007.11/20 10:59分
  • [Edit]

考えされられますね

ワシらも愛犬をペットショップで購入しているのだから、ペットショップに文句を言える立場ではないのだけれど・・・・。

正直、小さいケースに入れられたガラス越しに見える幼いワンコ達。横に張られる値札。あれを見るたびに生き物を売り買いする事に「?」と思ってしまう。
とはいえ、業者さんがいなければ愛犬にも出会えなかったわけだし、矛盾を感じる。

お金さえ払えば簡単に手に入る。簡単であるが故に命に対して無責任な人が多くなってきているような気がする。小さい時は可愛いけど手に負えなくなると捨ててしまったり。以前見た捨て犬の一件でもやり場のない憤りと何も出来なかった不甲斐なさを感じて、なんとも言えない気持ちだったことを思い出したよ。


命を扱う人は、その命に対してもっと真剣な愛情を持って接して欲しいですね。一部の人だけだろうと思いたいものです。
  • posted by くーぱぱ
  • URL
  • 2007.11/22 23:09分
  • [Edit]

> くーパパ

本当にね…色々な矛盾を抱えてしまうよね。。

ブリーダーさんでもペットショップでも確かに利益が無ければいけないのだろうけど
「商品」としてだけ見るのではなく、愛情を持ってこだわりを持って仕事して欲しいなぁと思います。
  • posted by しゅなわん
  • URL
  • 2007.11/23 20:47分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しゅなわん

Author:しゅなわん
主要登場人物
シェリー(M.シュナ♀ 8才)
    犬なのに犬嫌い^^;
    の小心犬
mira  (長女 高1)
hikka  (二女 中2)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

お世話になった先生の本!

ブロとも申請フォーム

マイチェック!ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。