山あり谷ありシュナウザーあり

~ ケ セラ セラ でいこう♪ ~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人酔い

2日目名古屋港上陸。
フェリーを降りても揺れている感覚が残るのでは?と思っていたけど全然OK (^O^)g

まずは子供達が楽しみにしていた名古屋港水族館へ。

着いてびっくり!!
ここはディズニーリゾートのチケットブースか?
と思うほどの行列が。。
↓ドームのような所も入り口も全て人だらけ
20070818094317.jpg


行列に並びやっと入館したものの、あまりにも人口密度が高くて水槽の前は埋め尽くされている。
そこを素通りしイルカショーの席取りにスタジアムに向かい席を確保。
30分前だったのに空いているのは ほんの20席くらいだったろうか?
その間 強い日差しを受けながらジーっと待つ。

20070818094328.jpg

やっとショーの開始。

自称水族館マニア?の私はどこへ行ってもイルカショーを見ているけれど
ここのイルカちゃん達はとても頭がいいように思えた。
訓練の仕方なのだろうか?トレーナーの人が付きっきりにならなくても
ちゃんと自分のする事を心得て自主的にやっているように見えた。
賢い~~~(^^)

喜んで居たのも束の間、ショーが終わってまた屋内に。
あまりの人でエアコンが効いていない感じで汗が滴り落ちる。
外も地獄、中も地獄だ。
自由に方向転換も出来ない。
11時半にはレストランの入り口も行列を作っていた。

これではマズイと思い
最入館のスタンプを押してもらい水族館を脱出 (-。-;)

橋を渡って反対側にあったその他の施設は午前中という事もあって空いていた。
あ~~やっと一息つける(;^_^A

ポートタワーで昼食&展望室から名古屋を見渡し
南極観測船ふじの中へ。
20070818094340.jpg


この時点であまりの暑さと人酔いでみんな疲れが出てきた。
混雑激しい水族館に戻ってみるが 時間を追う毎に人が増えているようで、ますます暑い。

絶対に絶対に、水槽のお魚達よりも人間の方が多いなという感じだ。
優雅に水槽で泳ぐイルカ達は伸び伸びとしていて
きっと「すごい数の人間だなぁ」と観察していたに違いない。

娘達は「もう水族館見なくていいや」と諦めムード。
その割りにショップだけはチェックしていたが、結局全ては見ずに水族館を後にした。

教訓「お盆の水族館には近寄るべからず」



その後名古屋の中心街 栄に到着しホテルにチェックイン。
そこに旦那が待っていた。
そうそう、書き忘れていたけれどこの度は旦那が名古屋で一ヶ月仕事だったので 名古屋観光になったのだ(^^ゞ

さぁこれから名古屋市街を子供達に見せてやらねばと母は思ったが
娘達は暑さでもう動きたくない様子。
それでも 名古屋城だけ見ようと地下鉄で向かったのに場内に入れる時間が4時までだったので諦めた。



こーなったらあとは名古屋メシだぁぁぁ!
向かったのは山本屋総本家。味噌煮込みうどんの老舗だ。
前に来た時よりもメニューが増えていて、名古屋コーチンの他に黒豚などもあった。
私は夏限定というほうれん草入りに↓
20070817100806.jpg

味噌煮込みうどんを最初に食べたのはもう8年前くらいだろうか?
初めて食べた時の衝撃は忘れられない。
讃岐うどんの地で生まれ育った旦那は苦手らしいが
私は一口で赤だしがきいた「ほうとう」のようなこのうどんが好きになった。

娘達は一口食べて「しょっぱいよぉ」と泣きが入る。
そう、この味噌煮込みうどんは「うどん」だと思って食べてはいけないのだ。
あくまでも「おかず」と割切らないと塩辛くて単品では食べられない。
必ずご飯もセットで頼む代物だ。
そこがまたいいんだけれど、子供にはまだ解らないらしい。。残念。

船酔いはしなかったのに、人酔いしてしまった子供達。
「名古屋は大都市だからね、人も多いよ」と念を押して連れて行ったにもかかわらず
地下鉄の駅や地下街の人の多さに閉口している。
前に住んでいた関東よりマシだろう と舐めてかかったか?

でも帰りにジェラートを食べてサンシャイン栄の透明な観覧車に乗り機嫌が良くなる。やはり子供だ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信玄武者 ほうとう 生麺 2人前 200g

 武田信玄が陣中食として考案し広めたと伝え  られている「ほうとう」で体ほかほか! 武田信玄が陣中食として考案し、広めたと伝えられている甲斐の国の郷土食です。 この「ほうとう」は”さぬきうどん”の秘法を取り入れ、最高級の手打ち麺用粉を使った逸品です。全

左サイドMenu

プロフィール

しゅなわん

Author:しゅなわん
主要登場人物
シェリー(M.シュナ♀ 8才)
    犬なのに犬嫌い^^;
    の小心犬
mira  (長女 高1)
hikka  (二女 中2)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

お世話になった先生の本!

ブロとも申請フォーム

マイチェック!ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。