山あり谷ありシュナウザーあり

~ ケ セラ セラ でいこう♪ ~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園と恩師

夏の高校野球が始まった。
プロ野球には殆ど興味はないけれど、
高校野球は「負けたら終わり」という あの儚さと夢と涙に『キュン』としたりする。

そんな高校野球を見ていると自分の高校生の時を思い出すのも
『きゅん』に拍車をかけているのかもしれない。

今年は久しぶりに我が母校が出場している。
私が高校生の頃は殆ど毎年甲子園に出場していて
2年生の時も出場が決まった。
当時は男子の応援団だけでチアリーダー部が無かったので
私の所属していた部活を含め運動部の女子が
チアリーダーを頼まれた事があった。
私達は大喜び
でも秋には新人戦もあり、コーチは大反対だった
スポーツに力を入れている学校だったので
男女交際禁止という時代錯誤がまかり通っていた部活だった。
(↑みんなかいくぐっていたが)
コーチは特に男子との接触に敏感で
 「おまえ達は、男の応援に行く方がいいのか!」と
今思えば凄い暴言を吐かれたりした(←あのコーチには愛校心がなかったのか?)
そこに顧問の先生が仲介に入ってくれて
 「自分も行くので毎朝 ランニングと素振りをさせるから」
という約束をして甲子園に行ける事になった。

甲子園は暑かったけれど、ポンポンを持って汗だくで応援したのは
凄くいい思い出だ。
京都の宿舎の前で顧問の先生に見守られながら
 「なーんでこんな所で素振りしなきゃいけないんだろう」と
みんなでブツブツ言ってたのも、今となっては懐かしい。

みんなその顧問の先生が大好きだった。
色んな事に相談にのってくれた。
部活の事だけじゃなく、勉強の事、恋の事。
行き詰ると、本を貸してくれた。
それがその時々に応じてぴったりな本だった。
本を読む事によって、色んな物の見方や考え方や経験を知る事が出来て、
それが時には自分の考え方に変化やヒントをくれるんだという事を教えてくれた。

部の中でもコーチに反抗し、何度も辞める騒動を繰り広げた私が
3年間 部活を続けられたのはその先生のお陰だ。

でも…その先生は私達が卒業してから数年後、40代半ばに
癌で亡くなってしまった。

生きていたなら、今でも先生の所に遊びに行ったに違いない。
本当なら毎年お墓参りに行きたいくらいだけど
2人の子供を抱えて未亡人となった先生の奥さんから
 「早く忘れたいので」
とお葬式以降のお参りを拒否されたという経緯があり
未だに私はその先生のお墓を知らない。
今思えば、奥さんも子供を抱えて生きていくのに必死だったのだろう…
何だか悲しい話だけれど……

甲子園に行った事だけではなく、色んな事でお世話になった恩師だけど
何故か私の頭の中では
甲子園の高校野球 → 先生 とリンクする。

心の中で毎年夏になるといい思い出を沢山くれた
先生に感謝の気持ちを思い出し、そんないい先生に出会えて良かったなと
つくづく思う。
娘たちにもそんな先生との出会いがあればいいなと思う。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しゅなわん

Author:しゅなわん
主要登場人物
シェリー(M.シュナ♀ 8才)
    犬なのに犬嫌い^^;
    の小心犬
mira  (長女 高1)
hikka  (二女 中2)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

お世話になった先生の本!

ブロとも申請フォーム

マイチェック!ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。